Miracle 8 +

ストックフォトやボディ&メンタルメンテに関するMYライフワーク

自分の中の2つの声〜ハートと頭脳

ハートと頭脳を一致させる
という言葉の意味が体でわからずにいた。


ついでに、
自分の気持ちを大事にするという意味も
厳密にはわからずにいた。
いつも他人の気持ちを
尊重してきたから。
 
最近ようやくそれらについて
それがどういうことなのか
体感を得ることができた。
 
普段から自分の中で
意見が2つに割れることが多く
Aだとも思うしBだとも思う。
両方あってどっちが
自分の本心なのかわからない。
 
そんな自分内二極論って
分裂してて苦しいと思うようになった。
 
もっとスパッと
割り切った意見が言いたいのに
 
いい子ちゃんの自分
社会人として真っ当な自分
変態としてユニークな考え述べたい自分
...etc...
 
経験が増えるほど
いろんな自分が顔を出し
両極な意見を持っていれば
誰に出くわしても
オールマイティに対応、安心☆
という心理があったのかもしれない。
 
出くわすものによって
玉虫色に変化するの
ステキじゃない?なんて
10年以上思っていた気がする。
 
だけどそれは
偽の自分が本物の自分を
目覚めさせないよう横やりを入れていて
本物の自分が苦しくなって見えている
幻影に他ならなかった。
 
本物の自分が悲鳴をあげなければ
気づけなかったかもしれない。
 
 
つまり、
ハートの声というのが本当の自分。
頭脳の声は偽物の自分。
ということが感じられるようになった。

人って辛さが極限に達すると
どうにかして打破しようとする。

私はほんとにいろいろと
楽になる方法を探した。
 
そして
ハートと頭脳が一致していれば
苦悩はなくなるらしい
ということがわかってきた。
 
ハートと頭脳を一致させるとは。
 
分裂してる人にとってこれは
なかなか難しい問題。
 
頭脳がハートをスルーしてきたから。
麻痺した指を動かすかのような感覚。
 
だけど感覚をフルに使って考えてみた。
 
自分という家の中で
このハートと頭脳という2人の恋人が
喧嘩してるのが、今の自分。
だから自分の中でこの2人の恋人を
愛させて慕わせて統合すればいい。
 
という考えに至った。
 
 
自分の気持ちというのは
心の中でこねくり回していても
よく見えない時がある。

だから紙に書く。
スタンダードに存在するやり方だけど
これがまた侮れない。

ハートと頭脳の2人を
ラブラブにするために
紙にその二人のセリフのやりとりを
台本みたいに書いてみた。
 
ここで大事なのがは
2人ともとても仲がいい設定にすること。
 
自分が誰かに悩みを聞いてもらって
心の拠り所になってほしいかんじ
つまり自分が他人にしてもらって
嬉しい感じ、して欲しい感じで
書くことが大事だ。
 
 

どんな形でもいいんだけど
LINEのやりとりみたいな感じで
2人のやりとりを
自分が一人二役でやる感じ。
 
自分がハート、頭脳が第三者
という設定でもいいし、
単に自分の中の2つの声が
会話してる感じにしてもいい。
 
要は自分の中で分裂してるなー
っていう考えについて
紙の上に書きながら1人対話づくりに
励むのだ。
 
A 私はこう思うんだけど、どう思う?
B それって本心じゃないんじゃない?
 
とか
 
A 私このことですごく辛いの、聞いてくれる?
B どう辛いの?気持ち全部伝えてみて!
 
といったかんじ。
 
 
これを辛い時にやってあげると
自分の深い感情に向き合える。
 
続けてきてやりとりに慣れたら
そのうち紙と鉛筆がいらなくなりそう。