LiveYourMiracleLife

美容・健康・メンタルメンテナンス、そして写真。

ストックフォト・PIXTAの場合

www.shutterstock.com

 

*上記のリンクは写真購入者用のサイト

下記の文中リンクが寄稿者(売る側)用サイトです。

 

今年の春以降に始めたストックフォト。

前回Shutterstockで初めて画像が売れた記事を書きましたが

今週はもう1枚立て続けに売れて嬉しい週でした。

 

前回の記事はこちらです。

 

liveyourlife808.hatenablog.com

 

前回日本の風景が売れたのですが

今回も日本の懐かしい街並みが売れました。

両方とも、国内で売れたようです。

 

どちらも売れた場所は国内の別々の箇所なのですが

共通項は"古き良き日本"。

そこを強化してみようかなと思いました。

 

そして売れた画像は、ポートフォリオの上部に

掲載されるようになるみたいです。

これは気の利いた機能ですね。

 

私のポートフォリオはこちらです。

 

www.shutterstock.com

 

 

さて、

私の中では4つ目のストックフォトサイトPIXTA

 

写真素材のピクスタ

 

ここはアップロードできる枚数が決められていて

なかなか数をこなせないのと

審査期間がとても長いということから

進捗がスローなんですが

 

一つだけいいなと思ったのは

アップロードされて販売中になっている画像に

アクセス数が表示されるところです。

 

それで見ると、工具を持って作業をしている

男性の手元画像が一番アクセス数あるみたいです。

 

他のストックフォトサイトだと

売れた画像についての販売数しか出てこないと思うのですが

(見方が間違っていたらごめんなさい)

 

PIXTAは、上記のように

アップロードした画像一つ一つのステータスなどが

一覧できるところが見やすいなと思っています。

 

あと"この写真はPIXTAだけで売りますよ〜"っていう

独占販売の意思表示についても

管理画面のボタンで簡単にオン・オフできるところも

やりやすいです。

 

PIXTAでのポートフォリオはこちらです。

 

creator.pixta.jp

 

写真素材のピクスタ