LiveYourMiracleLife

美容・健康・メンタルメンテナンス、そして写真。

脚のむくみ改善【足指・内腿・丹田】

過去に書いた記事をリメイク。

むくみリベンジです✨

 

今過去記事を読むと

そんなに力んでやってもむくみ治らないよ〜

って思います。笑

 

過去にふくらはぎに着目したのは

よかったと思うのですが

鍛えることに意識が行きすぎていて

 

だるいクセに表面だけギラついてる

っていうのかな。

 

今となっては、

どうもスタンスが違うなと

自分で思うのです。

 

今は脱力でやっています。

 

もしかすると頑張りすぎてたその意識が

血流やリンパ液の流れを悪くしていたんじゃないかっ

て思います。

 

それから少し成長して

むくみ改善に少し進展があったので

まとめてみようと思います。

 

前半は過去の経緯を書いています。

 

飛ばしたい方は下の方へスクロールして

黄色い星があるところまで

飛ばしてみてください。

 

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい

 

長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい [ 槇孝子 ]

 

 

年齢が重なるにつれ

代謝が悪くなるにつれ

脚がむくみやすくなり

 

むくみ自体が解消しにくくなりました。

 

足つぼ

ウォーキング

ヨガ

腰湯・脚湯

 

ありとあらゆる脚のエクササイズに

取り組んできましたが

決定的な解消法がありませんでした。

 

 

そこで

自分の脚のむくみやすさの原因や

自分の体格・体質を考えました。

 

 

血行が悪い(冷え性

脚の関節が太い

体に水を溜めやすい体質

 

これらに要因にあるようです。

 

www.vogue.co.jp

 [PR]ENEOSでの給油はポイント2倍!  

 

 

ある時期お世話になっていた

足つぼの先生に言われたことがあります。

 

思春期に運動部じゃなかったでしょう?と。

 

確かに、

私は中学〜高校の思春期を

運動しないで育ちました。

 

だから脚に基礎的な筋肉がついていないのです。

 

ふくらはぎというのは、

筋肉がちゃんとついていることで

体内の血液やリンパ液などを

上半身へ押し上げ循環させる

ポンプのような役割を果たします。

 

つまりふくらはぎの筋肉は、

上から下りてきた血流などを

心臓方面に押し戻す(体の下から上へと)

パーツでもあるのです。

 

その部分の筋肉がないこと=ポンプ力がない

ということになります。

 

 

立ちっぱなしや座りっぱなしなど

同じ姿勢を長時間続けていると

 

脚に水分や血流がたまって滞りがちになり

足首の周りもむくんで

もともとは太くないのに

むくみが太い脚を作ってしまう

ということになるのです。

 

脚にむくみのない人は細い脚でも

筋肉がちゃんとついていて締まっているし

アキレス腱もキリリとしています。

 

私の場合は歩く時も

きちんと土踏まずを使って歩いていない

など...先生に指摘されたのがきっかけで

自分の脚がどういう状況にあるのかがよくわかりました。

 

ふくらはぎの筋肉をつけるために

暇さえあればつま先立ちのアップ&ダウン体操

をしていたので

すこしずつ膝下の形状が変わってきました。

 

なのに、やはり

むくみやすさというのは変わらずでした。。。

 

そんなときVogue Japanの記事にあった

楽な体操をしはじめたら、

むくみが劇的に取れたんです。

 

寝る前に、寝そべって、

脚をまっすぐ伸ばしながら

上半身と直角になるようにし

足首を動かすだけ。

 

この手の体操はなぜか

やる気にならなかったんです。

脚にむくみがある人って

こういう体制がキツかったりするんです。

 

でもこのキツさをほぐすことが、

むくみ解消につながると体でわかったので、

 

【つま先立ちアップ&ダウンエクササイズ】と

【就寝前に脚を真上に5分上げるだけエクササイズ】

しばらくやってました。

  

このアイテムを使いながら。

 

 

FrogHand(フロッグハンド)ソフトタイプ 簡単足裏トレーニング

FrogHand(フロッグハンド)ソフトタイプ 簡単足裏トレーニング

 

 

FrogHand(フロッグハンド) ハードタイプ(フットサル fft-h)

 

 

バランストーン 5本指エクサ ピンク

バランストーン 5本指エクサ ピンク

 

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆☆ ☆ ☆

 

数年前はこれをやっていたのですが

これらのエクササイズに夢中になることができず

劇的にむくみが治ることはなかったんです。

 

 

いつしかやるのが面倒に。

 

それで自分なりに楽にできる体操を

することにしました。

 

それは、座りっぱなしになった時

気づいたらとにかく足首を

左右とも時計回り・反時計回りに

ぐるぐる回すことです。

 

何も考えずに。

 

それから足指をグー・チョキ・パーと

動かすことです。

 

何も考えずに。

 

我流でやってたけど

やり方にもコツがあると知ったので

 

今は美姿勢インストラクター新田仁美さんの

ブログを参考にしながらやっています。

 

ameblo.jp

 

コツを掴んでからは

そんなに力んだりしなくとも

体の力を抜く感じでできるようになりました。

  

あと自分の体感なのですが

グーチョキパーはゆっくりと

関節が縮むのと伸びるのをじっくり感じながら

やるといいです。

 

例えばパーのときには

足指の付け根の"骨の間"が

ひろーくなるのを意識するとかです。

 

足指で何かを掴むのもいいです。

 

足指が思い通りに動くようになってきたら

くるぶし周辺の形が変わり始めています。

 

そうすると内腿に意識が行き始めました。

内腿を鍛える方法もたくさん巷では

紹介されていますが

 

それまでずっと内股スクワット

ってやつをやってたけど

労力の割にはむくみに効きませんでした。

 

それで、時代には乗り遅れた感ありますが

足パカ体操をやり始めました。

 

www.andgirl.jp

 

脚を開いたときに重力がかかるので

寝そべって楽なのに

下半身には結構な負荷がかかるんですよね。

 

でも自分にとっては楽な体操だったので

これは続いてます。

 

これのいいところはスクワットと違って

楽な体勢でやれる割には

効果がてきめん、なところです。

 

内腿に効くのがわかるし

特にもも周りの肉が締まってきました。

 

その間に色々な方のヤセにまつわる記事を

参考にしたので、

 

丹田(ヘソ下)をまっすぐ立てて

生活をするということも同時に

意識し始めました。

 

これができるようになったのには

足指体操と足パカ体操で

 

足指が思い通りに動くようになって

太ももの筋力がつき

足の安定感が良くなったことが

 

関係していると思われます。

 

以前なら丹田で立つのがだるくて

意識していないと元の姿勢に

戻っていたし

 

なんなら丹田の上に

上半身の体重を全部かけて

お腹で立っていた気がします。

 

これでは体重のかかるお腹周りを守ろうとして

お腹が太くなっちゃいます。

 

足に安定感があれば

地に脚をちゃんと踏みつけてられるので

下半身の支えはそっちで完結。

 

そのまま丹田をすくっと立てると

頭のてっぺんが紐で引っ張られてるように

上半身を立てることができます。

 

力まずまっすぐ姿勢が保てるようになってから

 

ある体操をずっとしていても

ヤセにくかった二の腕が

すごく細くなったんです。

 

次はその二の腕体操について書いてみようと

思います。

 

 

猫背が治り 小顔になる コトコト運動

猫背が治り 小顔になる コトコト運動