Miracle 8 +

ストックフォトやボディ&メンタルメンテに関するMYライフワーク

蒔いた種から芽が育つような現実

去年のある時期に書いたことを

リライトしながら振り返る。

 

自分を大切にするということを

丁寧にエスカレートさせてみた
時期があった。
 
どんな感情を抱いても
自分を信頼した。
 
"どんな感情を抱いてもいいんだよ''と
自分で自分の肩をポンとしてやる。
 
何度も消化したように見えても
何度も戻ってきてしまう
負の感情に面と向かう。
 
見たくないものに
光をあてるのは怖かったけど
何度も何度も戻ってきては、
見つめるのを繰り返した。
 
そういう状況の時
自分で自分を責める癖がある
ということもよくわかった。
 
だからとにかく責めないで
自分に寄り添って、見つめた。
 
それから
どうしたいのか心にたくさん聞いた。
 
心はその時々で
いろんなことを口にした。
 
波動が高い時は
''つながっていたい''と言い
 
波動が低い時は
''消えて決別したい''と言った。
 
どっちが本当の声かわからず
途方にくれた時もあった。
 
それでもどちらも自分の声なのだと
何度も何度も両方の声を聞いていた。
 
本当に縁のあるものは戻るし
お互いの役割が済めば、
ある時スーッと
縁が切れたりするものだ。
 
だからもう、
細かいことは考えず
つながっていられる仲間がいるうちは
俯瞰しながらも同じ世界を
思い切り楽しんで生きてみた。
 
チカラが入ってるなあと思うと
肩の力を抜いて。
 
めんどくさい感情が戻っては
いいんだよ自分〜♡って、
力を抜いて。
 
すると''縁''は自動運転をするので
わたしが特に考えなくても
わたし自身をスルッと運んでくれる。
 
行くべき方へ。
 
リラックスしていると
本当の自分が求めていることが
浮き出てくる。
 
そういう日が増えていくと
つながっているものへの愛しさが増し、
 
同じ波動のものが
身の回りに少しずつ増えていき
 
真に嬉しかったり
真のつながりのあるものに会うと
 
考えなくても愛情があふれ
涙腺が緩んでくるような境地になる。
 
その感覚をたよりに進む。
 
そして憎んでいたものにさえ
自然と愛を与えるような
行動を伴った自分になっていた。
 
だんだん
自分の中の愛が大きくなっていた。
 
自分も大事にし、他人も大事にし
でも自分が消えないように。
 
自分の存在を感じながら
その比率をバランスよく保ち
 
内面に問いかけることと
現実世界で行動にすることを同時に
丁寧に地道に繰り返していたら
 
蒔いた種から芽が育っていくような
現実を見ることができた。
 
濃厚な日々に満たされた日々の感覚。
忘れないようにたまに自分に刻みたい。