Miracle 8 +

ストックフォトやボディ&メンタルメンテに関するMYライフワーク

いわゆる母親らしくしない、自分らしい人でいる

f:id:liveyourlife808:20211117183925p:plain

いろんな私らしさ


2018年ごろから始めた【内観と自愛】を通して

自分を見つめ直す段階に応じて感じたことを

どこかの誰かのお役に立てればと思い綴りました。

少しずつここに道標を残していこうと思います。

 

 

子供が大きくなるにつれ、

どんどん言うことを聞かなくなっていく。

 
そんな時ほどいい母親で居ようと
努めようとするが、実態が伴わない。
 
 
自分自身をダメ親だと否定。
 
 
子供も自己否定して心を閉ざす。
…これが私の育児で体験してきた、悪循環ループ。
 
子供の道を補正するのが母親のつとめだと
思っていました。
 
その補正
 
実は親の恐怖心から派生してるんだということがわかり
気付いてからも何年もやめることができませんでした。
 
 
自分自身が同じように
自分の親から、恐れによる補正の介入をされて育ったし
 
心の底で、それが嫌だと思っていたにも関わらず。
 
反抗期も重なり
心を閉ざした子供とのコミュニケーションが最悪になった頃
 
全ては親である私が
 
自分自身を肯定する
自分ができるだけご機嫌でいる
 
ことがキーなのだということを知りました。
 
自分自身を大切にすることを学びながら
 
まずは自分自身の中で
これまで叩き込まれてきた世間一般の固定観念
書き換えるということをし始めました。
 
すると、
 
子供のしてることが
自分の意にそぐわないことであった場合
心の中で全力でそれを否定していた自分に気付いたのです。
 
口では認めているといいながら。
心では違う気持ち。
 
これは自分の親が自分にしてきたこととも
全く一緒でした。
 
 
🚪
 
 
そこに気付いてから
 
子供に対して小さな否定が湧き上がるたび
子供の権利を受け止めることに。
 
気付いて→受け止める
 
という地道な心のワークをすることになりました。
半年ぐらいは思い通りにはいきませんでした。
そういうときはあえて
 
子供から離れて
自分が夢中になれることに取り組む
 
これを徹底しました。
ココがミソだったようです。
 
今まで子供に口うるさく絡んでいた時間を
 
自分自身が夢中になれることに
意識を向けることに当て始めたのです。
 
子供の反応が変わってきたのは、その頃からです。
 
ぶっちゃけ放置に見えた時もあるかもしれません。
今まで周りにそう思われるのがいやで
惰性で子供に口出しをしていたところもあったように思いました。
 
自分がそう思われたくない、という恐れでした。
 
自分の身の回りの人に
子供を放置して好き勝手している
と思われるのが怖かった。
 
その恐怖心を起点にして
子供にあれこれ口出ししていたら
自分も子供も、病みますね。笑
 
でも実際、朝起こしたり
ご飯を作って食べさせたり
学校の用意を促したり
 
生活の流れの中で自然と
子供に対して行なっていることを見れば
放置してるなんてことは絶対ありえないんですよね。
 
淡々と、〜しなさい。と何度か伝えますが 
 
伝えても本人が動かなければ
あとはもう私の範疇ではない。
と心を決めたのです。
 
本人が気づいて動かなければ意味がないし。
 
実際子供が動かず、困ることに陥るようなことがあっても
子供も人間なので、ギリギリのところで動くんです。
 
今までは私自身が
''ギリギリの対処をするのが嫌''だから
その分怒鳴り散らしてたんです。
 
ギリギリラインを超えても
本人が動かないことで間に合わず
という結末になることもあります。
 
そこは自己責任を負わせるしかないですし
そういう事態になってはじめて子供も
学びの時がやってきたりします。
 
そうやって、今まで受け入れられずにいたことを
淡々と受け止めることに決めたのです。
 
今までは、それをしてやれないのは
親の責任が果たせてないダメ家族なんだ、と
勝手に背負って自分で自分にダメ出ししてたのです。
 
だから子供まで自分自身を裁くような
不健全な思考回路になっていました。
 
きちんとしたご家庭からすれば
うちはダメ家族かもしれませんが
比べることではなく
自分にとって家族内で何が大事なのかをわかっていることのほうが
大事だなと気付いたのです。
 
お互いが本心でコミュニケーションを
取ることが大事。うちは。
 
一番最悪なコンディションの時にそう気付きました。
 
健全なお母さんは昔から、誰に言われるでもなく
子供の事に関して受け止める度量があり
肝が座っていますよね。
 
一方、私は自分の中の恐怖心によって
子育てを失敗したのです。
 
気付くのは、決して早いほうではなかったけど
 
子供が大人になる前に気付いて
自分自身と子供のメンタルが
どんどんよくなっていっているのがうれしいです。
 
 
自分がお母さんぽくなってる時は注意❗️
 
自分が自分らしい女の人でいる時正解❗️
 
 
自分の本心で生きていると
子供も自然に感じてることを伝えてくれるようになり
空気が穏やかになりました。
 
お互いが本心で居られるだけで
今まで補正してやろうとリキんでいたのが緩んで。
 
自然と流れに乗って、様々な気付きを親子で得る
という機会が増えました。
 
今は自分自身を否定しない。というのが
習慣になってきていて
 
自分が素直で居られることが子供にもいい影響になると
身をもって体感しています。