Miracle 8 +

ストックフォトやボディ&メンタルメンテに関するMYライフワーク

【コスメ】マスクにつきづらいファンデ〜shu uemura unlimited lasting fluid

今までTHREEの下地とリキッドファンデ(パウダーも)を使っていました。

 

 

これについては乾燥しないし、自分の肌には程よい自然なつやと水分量が保てて、自分の好きな肌感を出せて気に入ってるんですけど、ティッシュで押さえてからマスクつけても、マスクの内側にファンデがすごくつくんですよね。

 

乾燥する冬場はTHREEがいいかなと思うのですが、夏場はもうちょっとマスク内環境を快適にしたいなと思い、思い切ってちょっとお高いshu uemuraのアンリミッテッド・ラスティングフルイドと、下地ブロックブースターに変えてみました。

 

 

このブロックブースターのサクラピンク、お肌が黄ぐすみする私には、パッとうっすらパールめいた感じに明るい肌になれるのでぴったりでした。

 

これもティッシュで押さえてからマスクすると、マスクに付かない(しないと、ちょっとつく)。

 

肌の感じは、THREEよりも薄付きで軽い感じが夏向きでいいなと思っています。ただ、INTEGRATEのすっぴんメイカーのパウダーを重ねたら、毛穴落ちが気になったので、shuのこのリキッドファンデに関しては、パウダーなしの質感の方が好きなのでそのまま使っています。これにちゃんとshuのパウダーつけたら完璧なのかもしれませんが。

 

 

 

 

【美容】化粧水は一定期間でチェンジする

化粧水って、これすごく良い!と思って使っているものでも、2、3ヶ月するとなんかこう、肌がそれに慣れてきちゃうというか、肌が使い心地に飽きて来るというのか、なんだか冴えない感覚になってくるんですよね。

 

 

 

北麓草水の化粧水と乳液を使用して肌の状態がすこぶる良かったのですが、数ヶ月するとなんだか使い心地がもやっとしてきたので、それまで使っていたノエビアの99にしてみたら、肌がキュキュッとしてきたんですけど

 

 

それまでノエビア99も、使い始めは良かったのに、ずっと使っていると肌がもやっとしてくるから、それで北麓草水に変えたという経緯があるんですよね。

 

っていうことは、一定期間同じものを使っていると肌がダレてくるんだろうなと。肌で感じたから、最近は交互に使うことを意識しています。

 

ヨーグルトも同じ菌のものをずっと食べていると効果がなくなってくるらしく、数週間おきのサイクルで別の菌のものを食べる方が耐性を考えると良いって聞いたことがあります。それと同じなのかなと。

 

ところで北麓草水で買い物をした時にいただいた茶色のソープのサンプルがすこぶる良いです。キュッとした洗い上がりと、肌の水分量を絶妙に守ってくれる感じが気に入っていて、泡を顔に乗せる瞬間の香りがとても良い香りでたまらないです。

 

ヒバの匂いかな?と思っていたのですが、それは檜の香りだったようで、洗浄を助けるスイカズラ葉のエキスも入っているとのことで、ますます気に入りました。

 

 

AdobeStockで無料アセットを指定する

今年もこの時期がやってきました。

 

AdobeStock無料アセット指定画面

 

ここに書かれている数字、売れてる人はもっと件数と金額が高いと思うので恥ずかしいのですが、あえて出します。

 

AdobeStockで無料素材を提供することによって、前払いを受け取れる制度が去年から始まりました。自分のページのダッシュボードに行くと、上記のようなメッセージが出ていて、メールでも詳細のお知らせがきます。

 

一連の流れは? 選ばれた作品は、無料コレクションとして12ヶ月間取り扱われます。その期間中は対象の作品から追加のロイヤリティを得ることはありません(すでに作品ごとの前払い報酬を受け取っているため)。最初の12ヶ月が終了すると、対象となった作品は次の12ヶ月においても自動的に審査対象となります。Adobe によって作品が無料コレクションとなった場合、12カ月ごとに追加の前払い報酬をお受け取りいただけます。自動更新を中止したい場合は、次の無料コレクションへの審査申請期間中に、ポータルからご自身で処理を行ってください。なお、よく売れている作品の価値を守るため、過去12ヶ月間に有料コレクションで4回以上ダウンロードされた作品は選考対象になりません。6月22日 までに、コントリビューターポータルから選考対象の作品を確認のうえ、審査に進める作品を選択してください。もし変更をしたい場合は、最終締切日までは、いつでも変更することができます。選択したのみが、無料コレクションの選考対象となります。 審査が完了すると、無料コレクションとなった作品の前払い報酬は、自動的に収益のページに表示されます。

 

この制度が始まった昨年2021年は、メリットデメリットがよくわからなかったので様子見な形で、ごくわずかの対象画像のみをノミネートに指定しました。ノミネートに指定するためのボタンは、登録している写真の中で、AdobeStock側が指定したものに対してのみ付いています。

 

昨年はその中から数点のみをこちらで期日までに指定しましたが、自分がノミネートボタンをオンにしただけでは、無料アセットに決定されるわけではないんですよね。後日Adobe側がそれに対して審査をして、無料アセットに決定される運びなのですが、去年は一つも審査に通りませんでした。

 

この制度は、あまり売れていないものに対してならば1枚につき750円もらえる方がメリットがあると思ったので(普段私の画像が売れると大抵一回につき200円以内なので)、これからも普通に数回ダウンロードがされそうな予測のつくものをのぞいて、全てノミネートボタンをオンにしてみました。おそらく去年と同様、これらが全て審査に通るわけではないと思うので、まぁ結果待ちながら楽しみにしてみようと思います。

【婦人科系】長年患った過多月経が3ヶ月で改善

過多月経を抑える取り組みについて長年取り組んできて、去年はとても有効な対処法を知り、実践した。その時の記事はこちら。今日書くことは、そのあとのこと。

 

liveyourlife808.hatenablog.com

 

そちらに取り組みながらも並行して、三雅さんという方のブログを読んでいた。とにかくリンクがわかりやすく辿れるように貼ってあるので、自分に関係のあるところは全て読み、その中からできることをやってみた。

 

こちらの記事をブックマークしていて、時間があるときに少しずつリンクを辿っていき、その中のいくつかをピックアップして、自分の生活に取り入れた。

 

ameblo.jp

 

とにかくすぐにでもできることをチョイスし、実践すること。私が選択したのは、

 

・腰回し(これ簡単、どこでもできる)

ホエイプロテイン導入(記事に貼られているリンク先に細かくレビューしてくださってる)

・膣トレと経血排出(依子先生も言及)

 

とりあえず、この3つだけでも徹底してやっていた。そしたら、3ヶ月もしないうちに、大量出血と生理痛は治ったのだ。ほんとにすごいと思った。だから去年の夏ぐらいには生理が結構楽になった。

 

楽になったから、またしばらく我慢していた甘いものを食べまくっちゃったりして、油断した。そしたら見事、最近また悪化したので、また三雅さんのブログを読み直して、取り組みなおしているところ。

 

過多月経で悩んでいる人がいたら、三雅さんのブログをぜひ、隅々まで読んでみて欲しいです。そこに全てが書いてあるから。あとは実践あるのみです。

 

 

 

 

 

ストックフォト・3年間の報酬と売れるもの

ストックフォトの売り上げ。毎年金額は少しずつでも上がってきているので、このままユルく伸びていけばいいかなっていうスタンスでいながらも、2019年から3年間やってきて、トータル売り上げ金額は2万ちょい。やっぱり、もうちょっと頑張りたいよねえ。と思っている。

 

とはいえ、何が売れて売れないのかっていうのは、3年間やってきてなんとなくわかってきたつもりでいても、思わぬところの画像が売れたりするので、正直、そういうところに賭けちゃってるところもある。

 

一つの写真をとっても、登録しているストックフォトの会社によって、ウケるもの・ウケないものってある。でも、どの会社でも必ず売れてるものもある。私が押さえるべきはそういうところのモノなんだろうな、とは思っている。

 

 

www.shutterstock.com

 

これはシンプルなので人気みたい。Shutterstockで売れたものを今一度振り返ったけど、ここに関しては激シンプルなものしか売れていない。

 

イラスト制作もポツポツ頑張っているのだけど、Shutterstockでは登録してもののうち数種類が売れてた。2番目のものは、色違い・微妙な形違いで登録していて、他のストックフォトでも売れている。グラフィック素材は全く素人なので、他にも色々作っては載せているが、クオリティがまだまだ低いようで、売れているのはまだこの辺り↓のみ。

 

www.shutterstock.com

 

www.shutterstock.com

 

www.shutterstock.com

 

PIXTAだと幾何学シリーズのモノクロバージョンが売れている。

pixta.jp

 

なんとなく撮って登録して、割と脱力系の写真だと思ってるんだけど、こういうのなんだ、何気に需要あるのは。

pixta.jp

 

自分の中では冒険したやつも売れている。光遊び。

pixta.jp

 

AdobeStockは割とごちゃっとした画像でも売れている。

stock.adobe.com

 

滅多に売れない猫の写真も売れている(シカとかも)。

stock.adobe.com

 

どの会社でも共通して売れているのが高速道路(街灯)シリーズ。

stock.adobe.com

 

iStockでは他では売れない暗い写真が売れる。森や緑の風景なども売れている。

www.istockphoto.com

 

www.istockphoto.com

 

Snapmartはほんとに不思議で、それ??みたいな写真の方が売れる。スマホで撮ったクオリティでも全然OK...素人が撮ってる素直な感じがいいのか。

 

Snapmartでは、自分に関しては森とか緑の写真が売れない。他の人はどうなんだろうとみてみると、プロっぽい美しい森や緑の風景はちゃんと売れている。ほんとに自分に関してだけいうと、植物系が売れない体感。逆に、人気なのが人体パーツが入っている写真。あと、複数人数で飲食してるテーブルの写真など。

 

どこの会社でも森林の写真ってあんまり売れないんだけど、photoACに関してはほんと不思議で、森の写真がバズってる。芦ノ湖というキーワードに引っかかってるのか?他の風景でも、観光地の風景はウケるようだ。

 

www.photo-ac.com

 

売れたものを改めてざっと見て。結局どこにおいても、売れるものはシンプルなもの。何が写っているかシンプルにわかるもの。それに尽きる。

 

でも本当はもっと、「空想の世界感」が出ている「不思議な画像」を作り出したいと思っている。少しずつトライ&エラー。やりたいことへの願望も育てつつ、売れるような物もどんどん登録していきたい。

 

個人的な呟きが、ストックフォトをされているどなたかのご参考になれば、とたまのフィードバックまで。

【美容】化粧水比較〜I'm PINCH、CNP Laboratory、北麓草水

化粧水について書くのは久しぶり。前回の記事は2020年でそろそろ2年。

 

私のスキンケア履歴は、

・haruのオールワンズローション

アクセーヌのモイストバランスローション・ジェル

ノエビアのそれぞれのライン

 

◆I'm PINCH

そのあと出会ったI'm PINCH(アイムピンチ)は使い心地、コスパ共に気に入って、しばらく使い続ける。

 

初めは通販で定期購入というスタイルに不安を感じたけど、ちゃんといい品質のものを定期的に送ってくれ、結果、満足。

 

少量でも丁寧につけるとピタピタを吸い付くようなつけ心地がとても好きで、自分の肌とも相性が良く、ずっと使っていても良かったのだけど、肌がマンネリしてきたのと、通販の定期便で送られ続けてくるスタイルに少し飽きてしまったので、1、2年?か続けたのち、定期購入を辞める。

 

商品には何も悪いところはなく、自分が単に他のものを使いたくなっただけなので、また機会があれば戻るかも。

 

 

◆THREE

それから手を出したTHREE

 

アクセーヌノエビアは自分の中では無難なブランド。それに比べて、THREEは少し価格が高いのでちょっとだけ冒険して使い始めるが、それまで自分がチョイスしていたものと似たような使い心地と効果を得られて、安心♪っていう感覚を獲得できたブランド。

 

商品によっては香りがアロマっぽくてドストライクのいい香りのものがあったりと、使っていて楽しい。お店で香りを試してみて、それから気に入ったものを買うのがいい。

 

バランシングローション、楽天だと少しお安い。

 

 

◆CNP Laboratory

その後、使うとお肌の調子がプリプリして可愛い!って言われるようになるという、韓国のCNP Laboratoryに出会い、美容液、プロポリスオイル、オイルクリームの三種を使ってみたが、なかなかよかった。艶が出て、プリッとハリが出る感じは確かに確かめることができた。でもなんか使用感にすぐに飽きてしまった。

 

 

 

◆北麓草水

それで、また久しぶりに手元にあった北麓草水(ほくろくそうすい)のサンプルを使ってみる。ディープモイストローションとモイストエマルジョンのセット。うーん、これやっぱり最高だな♪と肌で感じた。柔らかくなる肌。成分を知らずに使っていたけど、日本酒を思わせる。実際調べてみると、コメ発酵液が入っていて、やはり!となる。以下引用。

 

北麓草水独自の美肌成分モモ果汁発酵液と保湿効果の高いコメ発酵液を、甘茶蔓や古代米などからつくった浸草水に配合しました。日本古来から培われた発酵の力を生かし、角質層の水分量を高めてキメを整え、肌に深い潤いをもたらします。ややとろみのある質感で肌あたりがやわらかく、じっくりと角質層に浸透し、内側から輝くような透明感のあるふっくらとした肌へ導きます

 

モモ果汁発酵液についてはこちら(松山油脂)。

 

最近、やっぱり日本という土地に根付いた材料が、自分の体との親和性があるように思える。

 

これ、ガラスボトルにキャップを開け閉めする時、クルクルクルッッ!!!!ってきれいに回って開け閉めできるのが、聴覚的にも体感的にとても気持ちがいい。あまり伝わらないかもしれないが、10秒動画。

 

 

 

とにかく、北麓草水のお店が好き。いつもアロマのいい香りがしている店内をゆっくり商品みながら滞在するのが大好き。

 

今狙っているのは、空気圧で香りを拡散するというアロマディフューザー❤︎熱や水を使わないディフューザーを探していたのだが、これがまさにデザイン的にも機能的にも求めているものを満たしている。ただ少しお高い。デザイン性は抜群。

 

shop.hokurokusousui.com

 

山桜の木を使ったというアロマトレーも可愛いし、お手軽で、いい。癒し。

 

shop.hokurokusousui.com

 

 

ただ、最近YOITASという別のディフューザーをを購入してしまったので、そちらを検証してるところ(っていうかはっきり言って香りの拡散が少なく失敗だったけど、形状ダケは気に入っている代物)。

 

 

 

 

 

 

 

2022年ストックフォトサイト比較〜iStock・Shutterstock・Adobe Stock・Snapmart・PIXTA・photoAC・EyeEm

2019年から始めたストックフォトも3年目。

これから始めたい方で、月の報酬二桁を目指してゴリゴリにやりたい方は、他にすばらしいお手本がいますので、そちらへGOしてくださいね。こちらは、趣味の粋でのんびり長い目で見て、売上が少しずつ伸びていけばいいなぁというスタンスでやっていこうと思っている方向けのサイトです。

 

はじめに断り書きをすると、始めた年で数百円だった報酬が、2020年で¥8,000、2021年で約¥13,000と伸びてきています。ものすごい少額ですが、試行錯誤しながら自分のペースで伸ばしていこうと思っているアマチュアです。

 

◆これから始める方へ

「タグ付け」や「アップロード」の労力の割に、報酬が少ないと突っ込まれることがあるストックフォトですが、私はこれらの作業が全く苦にならないので続けることができており、日課になってます。

 

始める前にここだけは知っておいたほうがいいのではないか?と思うことは、それらの淡々とした膨大な作業に苦痛を感じる方は、ストックフォトをやめておいたほうがいいんじゃないかなということです。「こんなにやったのに、報酬これだけ?」ってことに最終的にはなってしまうと思うんです。

 

私は心地よく息を吸うようにそれらの作業をやっているので、その楽しい時間に対しての「寝ている間にもお金になる可能性」というのが楽しいので、のんびりやれています。

 

自分が撮った写真がダウンロードされていくのは、楽しいです。登録をしてアップロードしていけば、営業せずとも、世界中でダウンロードしてもらえるんです。写真を撮ることが好きな人にはおいしい機会ですよね。

 

◆もちろん壁も立ちはだかる

ただ3年目ともなると、2年目までとはちょっと違ったスタンスでやっていかないと、売れなくなっていくのがわかってきます。

 

2年目までは、とにかく撮ったものをアップロードしまくって、どういうものがウケて・ウケないのかというところをひたすらまさぐっていました。同じ写真を加工し直してアップロードし直したりもしました。例えば暗い写真を明るくしてみたり、色をいじって雰囲気を変えてみたり。

 

それで売れるようになるものもあれば、売れないままのものもあります。そんな中で行き詰まって、全くアップロードしなくなる時期もあります。それでもまた時間をおいてやりたくなるので、好きなんだと思うし、そんな自分自身に救われています。

 

結局、アップロードするのをやめずに続けていれば、周りは脱落していく人も出てくるので、自分のアップロード数が増えた結果残っていけるんじゃないかっていう理論もあります(プロの人のことは初めから眼中にないです)。

 

◆会社によって売れるものが違う

何が売れるのかというのも、ストックフォトの会社によって、全く違ってきます。どこの会社でも共通して売れる、自分の売れ筋というものもありますが、ものによってはA社でよく売れるものがB社ではあまり売れなかったり、それぞれです。

 

審査の段階でも採用されるもの・されないものが登録先で違ったりします。一枚の画像の技術的なことをとってみても、厳しくて却下される会社もあれば、その技術でも登録してくれるところもあるので、ここがダメならあっちで!とでき、あまり一喜一憂する必要もありません。

 

◆答えは誰にもわからない・どう化けるかわからない

どんな画像が売れるかとか、ある程度はセオリーがあるかもしれませんが、私は周りの人に合わせて「こういうのが売れる画像だ!」っていう枠にはハマりたくないなと思いながらやっています。その辺も全くその人の発想で自由に開拓できるのが、ストックフォトのいいところだと思います。

 

登録したもののうち、123RFについてはすぐに登録解除したので、その解除方法についての記事も貼っておきます。こちらは2019年10月時点のものです。現在は変更点があるかもしれませんので、各自ご確認の上、こちらはご参考までにどうぞ。

 

liveyourlife808.hatenablog.com

 

目次

 

●iStock

iStockについて。北米拠点のiStock。知名度があるから、マーケットの動きが活発なのが伝わります。2019年の9月に登録して11月に売れ始めました。

 

閲覧や販売のついた写真に付いた数字が見えやすく、反応を感じられるので、やりがいを感じられるサイトといえます。

 

iStockは登録の仕方がよくわからなかったので、こちらのサイトを参考にしました。

umazura.net

 

大抵のことはこちらのサイトで書かれていますが↑、iStockGetty Imagesの傘下なので、Getty Imagesの方で売れることもたまにあります。マーケットがつながっています。

 

Getty Imagesアメリカの会社なので、報酬が支払われるときに必要になる国税務手続き(W8BEN) の提出が必要です。

 

iStock(Getty Images) ESPというツールを使って写真をアップロードするのですが、そこにアカウントマネージメント>プロフィール>米国税務手続きもというところがあるので、そこから手続きを進めます。手続きが完了すれば、同じページ内で国税務手続きの状況:完了。という表示で確認できます。

 

iStock(Getty Images) ESPのページはこんな風になっています。

http://welcome-to-gettyimages.jp/welcome/contributors/wp/wp-content/uploads/2017/05/d4de3d0b30178a25416a9fec5af8397e.pdf

 

タイトルだけ英語で入れなくてはなりませんが、タグは日本語でつけることが可能です。

 

あとでアップロードをしたものをチェックしやすくするために、あらかじめフォルダを作ってそこに種類別で写真をアップロードするといいです。

 

PCは操作性ではやりやすくていいですが、アプリでアップロード作業をすることも可能です。

 

審査に関しては「緩い」です。大抵の画像は承認されます。ただ、1種類の画像を加工別に複数アップロードしても、そのうちの一枚が承認されていれば、他のものは「似たコンテンツ」として登録を却下されます。

 

プロパティリリースに関しては結構うるさいです。神社の鳥居・神社仏閣、人の住居など個人の所有するものなどの風景は、エディトリアルの方にアップするように促されます。他のサイトでは承認されたようなものも、通りません。また、商標ロゴなど、小さくて判別できないような大きさのものでも消すように促されます。

 

報酬は購入者の契約状況に応じて多少の開きがありますが、1ドルに満たずとても安く、換金は100ドルからとハードルが高いです。

  

ただ、他のサイトであんまり反応がないようなアート感覚が出ている写真に反応があるのが嬉しいです。そういう写真を買ってくれる一定のユーザー層がいるようで売れやすいと感じています。そのあたりのものは特にヨーロッパとか韓国とか...芸術センスに敏感な国の方の目に留まっているようです。EyeEmにちょっと似てるなと思います。

 

購入元の国がわかるので、ワールドワイド感を味わえていいです。国内でも売れますが、海外で売れていることの方が多いです(アメリカ、オーストラリア、カナダ、インド、ニュージーランド、中国、アラブ首長国、フランス、チェコ、韓国、メキシコ、ドイツ、アイルランドウクライナ...etc...)。

 

iStock関連記事

liveyourlife808.hatenablog.com

 

 

iStockでの私のポートフォリオはこちらです。

www.istockphoto.com

 

 

●Shutterstock

自分の記録によると、登録した当初は、私のストックフォトの中では一番売れていた様子のアメリカのShutterstock。2019年5月に登録して7月から売れ始めました。今となってはそこまで売れていません笑。

 

登録画面が英語なのでこちらも先人たちのブログを参考にしました。

 

報酬に対する税金対策で、iStockと同様にW-8 BENというフォームを提出しなければなりません。なかなかめんどうですが、申請しないと報酬額の30%を徴収されてしまうので、必須です。

 

なお、事務局に問い合わせする際は、英語でする方がスムーズです。

 

一枚あたりの報酬は、始めた当初の2019年では一枚あたり$0.25が平均的な金額でしたが、2020年あたりから一枚あたり$0.10と安くなり、ツライです。換金は$30から。

 

審査については、写真の画質へのチェックセンサーが厳しいです。ピントがガッツリあっていてノイズが乗っていないシンプルな写真が通りやすいです。私の体感では。

 

審査が最も厳しいのがShutterstock。その次がAdobe Stock。

 

Adobe Stockの好みの画像って、あるなぁと思います。その人の提出する作風によりけりで、この辺りの体感も変わってきます。)

 

1度目の提出でアウトだったものを、別の回にアップロードし直したらセーフだったことがあるので、面倒でなければ再びトライするのもいいかもしれません。でも私は、一度却下された同じものを再度提出し直すのをやめました。時間があれば、レタッチを変え、よりグレードアップしたものを再アップロードするようにしています。

 

タイトルもタグ付けも英語ですが、これは勉強になるので楽しんでいます。でも日本語のサイトでは、つけた英語タイトルが変な日本語タイトルに翻訳されてしまいます。そんな時はできるだけシンプルな言い回しの英語に訂正したりしています。

 

Shutterstockも、売れた先の国がわかるようになっています。世界地図で売れた国の分布がわかるので楽しいです。ShutterstockiStockのようにワールドワイドな売れ行きです。アメリカ、トルコ、メキシコ、インド、韓国、カナダ、カタールポーランドセルビア、イギリス...etc...

 

管理画面がシンプルでわかりやすいのでiStockよりとっつきやすいです。 

 

Shutterstockの関連記事

liveyourlife808.hatenablog.com

 

 

私のShutterstockでのポートフォリオはこちらです。こちらはご購入者用のリンクです。

www.shutterstock.com

 

 

Shutterstockで写真素材を提出してみませんか?こちらは寄稿者用のリンクです。

submit.shutterstock.com

 

 

Adobe Stock

Adobe Stock、こちらもアメリカの会社なので、報酬を適切に受け取るためW-8 BENの提出が必須です。

 

参考にした記事

 

登録したのは2019年5月で初めて売れたのは7月でした。そこからなかなか売れませんでしたが、2020年から徐々に売れるようになり、2022年になってからは割とコンスタントにダウンロードされています。

 

報酬の金額は、Adobe Stockがが一番良心的だなと思います。購入者の契約状況により変動がありますが、大抵100円以上/枚です。もちろんそれ以下になるときもありますが、でも100円以上で嬉しいって、この感覚はやばいですね...他のサイトが安すぎるんですよね。もう少し値段が上がるように声をあげてたら、上がるかも?皆で上げましょう?

 

審査の基準はShutterstockのところで触れた通りです。以前と変わってきた感があるのは「同じ写真で加工の仕方が違うもの」をアップロードしたところ、全ての写真の審査が通ったところです。

 

あと、アップロードする段階でノイズが多い写真は、ポップアップが出てきて省かれます。変に審査を期待させず登録の手前ではじかれるシステムは、時短になって良いです。

 

Adobe Stockの関連記事

liveyourlife808.hatenablog.com

 

タイトル・タグ付けは日本語でできるのでとてもやりやすいです。ポートフォリオ画面は、洗練されていて好きです。

stock.adobe.com

 

 

●Snapmart

Snapmartは国内最大級のストックフォトサイトPIXTAの子会社です。私が登録した初めてのストックフォトサイトは、スマホ写真でも気軽に登録できて審査もナシのSnapmartでした。

 

スマホアプリから気軽にアップロードした写真は、全てマイページに載せることができます。モデルリリースの添付の仕方もとても簡単です。

 

Snapmartはトップページにもあるように

・自然でおしゃれ

・日本の人物、風景、ライフスタイルが豊富

 

ということで、作り込んだ世界よりも、スマホで撮ったようなより日本人的な日常っぽさがウケているように見受けられます。

 

実際に売れているものを見ると、インスタグラムの女子っぽいオシャレで可愛い感じから、美しいテーブルフォトから、女性のナマ脚、はたまたおじさんの頭皮のズーム画像まで、と幅広いです。

 

こちらは売れているものを見ても写真の画質などは問われない気がします。どちらかというと"そのシーン自体"が買われるようです。難しいことはいらない。っぽいです。

 

これまで売れたものは企業の方に売れたパターンが多いです。ウェブメディア用の記事のアイキャッチとして使われています。売れたものは全部ポップなものなので、今後はSnapmartではもっとキャッチーでポップなものを載せていきたい、と思っています。

 

売れた時は、購入者のお名前が出るので、後々自分の写真がどこで使われたか調べやすいです。

 

それからしょっちゅうコンテストをやっているので、人気度と知名度を上げたい人は、ここにいい写真をエントリしまくると人の目に留まり、他者からいいねがたくさんつきます。

 

実は先日、エントリしたコンテストで、受賞は叶いませんでしたが、自分の写真がノミネートされました。これは嬉しかったです。

 

写真にいいねがたくさんついても、売れゆきには直結しません逆にいうと、いいねが全くついてなくても売れるものは売れます。

 

毎月、人気アカウントのランキングが発表されるのですが、これ、売上とは関係ないんですよね。人にどれだけいいねをつけられたかで決まるみたいです。

 

もちろん本当の上位10位以内にランクインしている本当の実力者人たちは、「売上」も「いいね」の数も写真の「クオリティ」も比例してたりするのですが。

 

私は登録初期の方が売れていましたが、その頃人気ランキングでは一度も名前が出たことがありませんでした。

 

最近では全く売れてないけど、年明けからコンテストに出しまくっているので、いいねがたくさんつき、ランキングは徐々に上がり始め、今月のランキングは47位です。

 

実はSnapmartでの売れ線の感じって私のテイストとはあっていない気がします。がチャレンジですね。

 

一枚あたりの報酬は、¥35~¥44気兼ねなく気ままにできるので(厳しい審査なし)、ストックフォト入門用におすすめです。

 

Snapmartの関連記事

liveyourlife808.hatenablog.com

 

私のポートフォリオはこちらです。

snapmart.jp

 

 

 

●EyeEm

ドイツはベルリンのSNS型ストックフォトです。インスタで写真が売れる、みたいな感覚のところです。登録している人たちの写真のクオリティがとても高く、かっこいい雰囲気です。

 

しかし、謎が多いです。ですがアーティスティックな写真が多いのでとても勉強になるし、発想が自由でみてるだけでも楽しいので、楽しんでいます。

 

審査は厳し目かもしれないですが、他のストックフォトサイトで落ちたものでも、審査が通ることがあるので、はっきりいってよくわかりません。

 

画質が良くて、ちょっとアーティスティックな要素があれば、即通りますが、運営側(AI?)目線でイマイチな写真の審査には、少し時間がかかります。

 

審査に通ると、アップロードした写真の右下に二つの表示で分けられます。

 

1.

【Marketで】..EyeEm Market内で販売される

 

2.

【Partnerに選択】...Partner Collectionというもので、Getty Imagesや他のストックフォトサイト*でも販売される

 Adobe Stock, Alamyの名前が挙がっています。

 

 

システムがいまいちよくわかっていないのですが、【Market】に選ばれた時は何も連絡がありません。【Partner】に選択された時だけ以下のような写真付きのメールが来ます。

 

f:id:liveyourlife808:20200509012035j:plain

 

そして、審査に通らなかった時は【Marketに選択されていません】という表示が、アップロードした写真の右下に表示されます。それでもマイページには載せたままにすることもできます。気に入らなければ削除も可能です。

 

私の場合は109枚アップロードされたうちの54枚が審査に通り、いずれかのマーケットに出ていましたが、報酬が出た場合の支払先としてPayPalアカウントを登録することができず、同じ症状の人たちのTIPSも試したり、EyeEmの中の人にも対策を求めてみましたが、これといった応えを得られないまま、2021年にアカウントを解約しました。

 

 

PIXTA

写真素材のピクスタ

 

PIXTAは日本の会社で、登録などもとてもわかりやすく安心なんですが、登録後1年は登録枚数も200枚を超えていながら、一枚も売れてませんでした。今ではたまに売れてます。

 

 ShutterstockAdobe Stockが4メガピクセル以上の画像しか受け付けないところ、PIXTAは、Sサイズ:640×480px程度(72dpi) からアップロードできるのでそこはSnapmart同様、いいところです。

 

PIXTAの関連記事

liveyourlife808.hatenablog.com

 

私のポートフォリオです。

creator.pixta.jp

 

 

●photoAC

アップロードと同時に著作権も持って行かれますが、なんだかんだ言って一番ダウンロードの反応があるphotoAC

 

無料素材ですが、クリエイターは一枚につき3.25ptの報酬を得られます。その金額は厳しいけど、他のストックフォトサイトで審査に落ちたものやサイズが小さすぎるもの、また過去のコンデジスマホ撮ったものなど、使い道に困った写真の行き場になっているので、それらを有効に使えて、助かっています

 

そして、アップロードするのは、著作権が自分から離れてもいい写真に限っています。

 

photoACの関連記事

liveyourlife808.hatenablog.com


私のphotoACでのポートフォリオです。

www.photo-ac.com

写真素材素材【写真AC】

 

以上、今現在登録しているストックフォトサイトの全てをまとめてみました。売れている喜びも、売れていない事実も両方ある中で楽しんでいる感じを参考にしていただければと思います。

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

PIXTA【9】2021年の報酬まとめ

PIXTAの前回までのまとめはこちらです。

liveyourlife808.hatenablog.com

 

前回のレポートを読むと、どういう経緯だったのか忘れていたものを思い出せていいです。初めは全然売れてなかったんだなあと。

 

2021年は、年間で12枚、6.87クレジットでした。単品購入もあり、2.42クレジットが最高額でした(0.25クレジットで売れることが多い)。

Shutterstock【12】2021年の報酬まとめ

Shutterstockの前回のまとめはこちら。

liveyourlife808.hatenablog.com

 

2021年は振るいませんでしたね。枚数的には11枚と、前年度と大して変わらないのですが、トータルの金額が$2.36と惨憺たるものでした。前年度は、高額で売れたものが1枚あったから良かったんですよね。

 

単価が安くなってしまってからは、Shutterstockは審査も厳しいし、なんだかなという感じですが、iStock同様に、どこでダウンロードされたのかわかるのが楽しみなので、辞めようとは思いません。アメリカ、トルコ、メキシコ、インド、韓国、カナダ、カタールポーランドセルビア、イギリス...etc...

Snapmart【13】2021年の報酬まとめ

Snapmartの前回のまとめはこちらです。

liveyourlife808.hatenablog.com

 

2021年は、2020年から枚数的には16枚とダウンロードが減ってしまったけど、金額的には増えたという...¥763とトントンで大して変わらないのだけど。やっぱり私の写真のテイストは、Snapmartにマッチしてない気がします。